2008年02月28日

この数週間・・・

仕事のせいで睡眠時間が不規則でした。
そのおかげで、やや欠け月
(私は、り〜り〜と呼んでいます。
一番初めに入った会社で3つ下の子がそう呼んでて、
今も呼んでいます。
どこの会社でも、みんながり〜り〜 or り〜と言うようになっちゃいました^^;
皆さんは別名なんて呼んでますか? アレ?とかですか?)



10日も遅れちゃいましたがく〜(落胆した顔)



3、4日遅れる、もしくは、出血が止まらない、
というのは経験済みですが、
いくら待ってもこないのです。

もしや、 妊娠?!
そんなことは絶対ない!!
99%考えてませんでしたヽ(´・`)ノフッ・・・
まずないことです。
ただでさえ排卵しにくい体なのですから・・・

ちゃんとスケジュール帳に排卵日らしき日に、
排卵痛の確認らしきことも書いています。
ということは、それ以後の生活リズムの狂いしか考えられない。

排卵日以後、いつものPMS症状(月経前困難症)はひどいものでした。
だから、緩和のためにも運動したいと思いつつ、
なかなかできませんでしたバッド(下向き矢印)

実は、この半年基礎体温
計っていません。
電池が切れてからそのままでしたふらふら

今回の自分の体がどうなのか確認できる手段がなく、
とても心配になり、すごく反省しました。

私がなぜ、サイトに『ストレスフリーな生活を・・・』
を掲げているのかと申しますと、
私自身が女であり、女としての機能(排卵がうまくできること)を
果たせることを目的としています。



月経は脳の奥深くにある視床下部から放出されるホルモン(視床下部性ホルモン)が
脳下垂体を刺激し、さらにその脳下垂体ホルモンが卵巣を刺激し、
排卵を促すことにより排卵がおこり規則的な月経となります。
この為視床下部性ホルモンは、月経周期の基本となり、
視床下部性ホルモン低下により排卵障害となると考えられています。
また視床下部は、摂食中枢と密接な関係も持っています。



↑ご理解頂けましたでしょうか?
脳から出る性ホルモン分泌を正常にスムーズに促すため
規則正しい生活、食事、運動、心のストレスを貯めないことが、私のモットーなのです。

摂食障害も過去に起こしていますし、
再発しやすい環境に状況にいつでもさらす危険があります。
そのことにより、視床下部からの神経伝達が狂いやすいことから
自分でコントロールする努力をしているのです。

ようするに、
[脳にストレスをかけたくない]のです。

基礎体温を計らないことで
こんなことになると思いませんでしたので、
今日慌てて電池買ってきました。

女性は
ダイエット・転職・引っ越し ・ストレス等が原因で
ちょっとしたことで、排卵が規則正しく行われないことがあるのです。
私も私自身労わる努力をしていますが、
読まれてる皆さんもきっと女性でらっしゃでしょうから
(男性も見てます?!わーい(嬉しい顔)
経験された方いらっしゃると思います。



脳は結構繊細 です。



いろいろなこと考えながら、動きながら、
24時間の限られた毎日の生活。
いっぱいいっぱいでカツカツでも、
ほんのすこ〜しでも余裕をもつ努力しながらゆとり取れれば
狂いは少なくてすむと思います。


3月末まで仕事が変則ですが
来月どういう狂いを生じて、り〜り〜が来るのかとても楽しみです。


20代の皆さんよりは、少し早く更年期と閉経に近いですから
女性のホルモン減少に対して
ずっと前から向き合って生活しています。
20代から、排卵がうまくできない私ですから・・・


やっぱ基礎体温は計っておきましょうね〜 (・o・)ノ ハーイ!!





posted by *雪* at 22:56| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。